13

 

住む家を考える時、マイホームにするか賃貸にするかとても悩むところですよね。

いったいどっちが得なのでしょうか。今回はマイホームと賃貸について解説致します。

 

●費用面の違い

まずは費用面について考えてみましょう。

よく家賃を払うのと住宅ローンを払うのもあまり変わらないと言いますが、本当にそうなのでしょうか。

 

マイホームの場合を考えてみます。マイホームが分譲マンションの場合、駐車場代や修繕積立金、共有部分の管理費などが月々にかかってきます。さらに、固定資産税などの税金の支払いも増えることになります。

 

一方賃貸は、最初に敷金や礼金などの支払いが発生する場合があります。その他月々の支払いは家賃や駐車場代などだけで、その他の月々の支払いはない場合がほとんどです。

 

そう考えると、住宅ローンを払うのと同じとは言えないようですね。マイホームと賃貸では月々に発生する支払い、年間に発生する支払いに違いが出てくることが分かりました。マイホームの費用面を考える時には月々ではなく、年間、またその先まで考える必要がありそうです。

 

●メリット・デメリット

それでは次にそれぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。

 

【マイホーム】

メリット

・将来資産になる可能性がある。

・活用次第で収益が出ることがある。

・自分の好きなようにカスタマイズができて愛着がわく。

・好きなようにリホームできる。

デメリット

・維持費がかかる。

・住宅ローンだけでなく固定資産税などの税金がかかる。

・災害などにあったとき、費用面のリスクが大きくなる。

 

【賃貸】

メリット

・維持費はほとんどからない。

・転勤など生活に変化があったとき住居が変えられる。

・災害などにあい、建物が倒壊したりしても建物に対する金銭的な負担はない。

デメリット

・好きなようにリホームなどができない。

・一生家賃を払い続けなければならならない。

・何かあれば他の住居に引越しをしなければならない。

 

あなたがどちらのメリットを重視するか、どちらのデメリットを避けたいと思いますか? 

 

●マイホーム派の声 賃貸派の声

マイホーム派

維持費などがかかるかもしれないけど、月々の支払いは賃貸とはほとんど変わらないし、一生ここで生活すると考えたら、自分の好きなようにカスタマイズもできるマイホームが私には合っていると思い、マイホームを選びました。マイホームなので愛着もわくし、大事に暮らそうと考え方も変わった気がします。

ただ、気を付けなくてはいけないと思ったのが近所づきあいです。一生ここで暮らすという事はご近所づきあいも一生続くわけです。もし、ご近所トラブルにでもあってしまうと住みづらくなってしまいます。なので、ご近所との付き合い方を一番気を付けています。

 

賃貸派

賃貸にした理由は一生この場所で暮らすかどうか分からないからです。老後は歳をとっても住みやすい場所に転居しようと思っています。もし、マイホームにしたらその住居を今後どうするかも考えなくてはいけないし、維持費や税金もかかるので私のスタイルには合わないと考えました。これから先の事老後の事を考えて賃貸にしました。

 

いかがでしたでしょうか。皆さんはどちらが得だとおもいましたか? 結局どちらが得なのかは皆さんの生活スタイルで変わってくるようですね。費用の面を考える場合は大きく先まで考える必要があり、メリットデメリットの面はそれぞれの生活スタイルから性格までを考えるようにするとよいと思います。皆さんの生活スタイル、資産に合うのはどちらか徹底的に調べて、マイホームか賃貸にするかを考えてみてください。これから選ぶときの参考になれば幸いです。