8

 

ママ友というと学生時代の友人や職場の同僚とはまた違った付き合い方となり、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はママ友との付き合い方に悩んでいる方、これからママ友を作りたいと考えている方に参考になればと思い色々と調べてみました。

 

ママ友の作り方とは

まず、ママ友ってどういう風に作るのでしょうか?

調べてみると早い方は妊娠中からママ友を作っている方がいました。

同じ産院で知り合いになったり、各市町村で行なわれている母親教室などに参加して親しくなったりするようです。

早いうちからお友達を作りたい方は母親教室などに積極的に参加してみるのもいいかもしれません。

 

お腹が大きくなると外出もおっくうになったりします。

今はネットなどでママ友を作ったりすることもあるようです。

ママ専用のコミュニティサイトがたくさんあり、気軽に相談できるサイトもあるようです。

そのようなコミュニティツールも活用してみるのもいいですね。

 

妊娠中はナイーブになり気分が不安定になる事があります。

また子供が産まれるとしばらくは思うように外出ができません。

産後の疲れやストレスも、育児の悩みも出てきます。

そんな時に気軽に相談できるママ友がいると心の支えにもなるのでいいと思います。

早めにママ友が作りをするメリットは大きいようです。

 

子供が生まれてからは保育園や幼稚園、小学校など入園、入学するとそこでママ友を作るチャンスがきます。

入園式や入学式、保育参観、保護者会、運動会、お遊戯会などイベントがたくさんあります。

皆さんそれぞれ忙しいとは思いますが、ママ友を作るいい機会が何回も訪れます。

時間があれば積極的に参加して顔見知りになっておきたいですね。

 

それでは入園、入学の前にママ友を作る機会はないのでしょうか?

実はたくさんあります。

簡単なところでは公園。

公園デビュー、ドキドキしますね。

ここで顔見知りになれたりすると声もかけやすくなります。

公園は家が近所の方も多いのでここでママ友になると良い近所づきあいにもつながるかもしれません。

 

人見知りの方は地域の児童館などに行ってみるのはどうでしょうか。

地域によって多少異なりますが、子供の年齢によってクラス分けをされているところもあります。

また、間に保育士などの先生が入って相談にのってくれるところもあります。

地域の児童館はママ友を作ろうと思って通ってるいる方も多いようなので比較的ママ友も作りやすいのではないかと思います。

頻繁に行くと子供達同士も仲良くなるので子供にとっても良い場所だと思います。

また私の場合ですが、私は子供の健診でママ友ができました。

子供の健診の場は皆、月齢が同じぐらいの方ばかりなので子育ての悩みも共感が出来ることが多いです。

その後同じ児童館に通っていたのでとても仲良くなれました。

お隣になったママさんと勇気を持ってお話ししてみるのもいいかもしれません。

 

 

ママ友のうまい付き合い方とは

それでは、うまい付き合い方とはどういう付き合い方なのでしょうか。

 

1.親しき仲にも礼儀ありを忘れない

仲良くなって気が抜けると忘れがちですが、忘れてはしまうと大きなトラブルの元のなる事もあります。

 

2.他人の躾、育児法に口出しをしない

これは、絶対に避けるべきことのようです。

皆、それぞれ考え方も違うように育児方法も違います。

自分の育児法を押し付けたりすると今まで頑張ってもきた事が全否定されたように感じてしまう事もあります。

お互いの育児法を尊重するようにしましょう。

 

3.おごったりおごられたりは避ける

お金に関することは平等にした方がのちのちトラブルにならずに済むのでよいようです。お金はきっちり割り勘をおすすめします。

 

4.うわさ話はしない

人のうわさ話は話し出すと止まらなくなる事も。

度を過ぎると悪口になります。

そして、第三者からその話を聞いてしまうと…。

大きなトラブルになる前に程々にしましょう。

 

5.子供通しをライバルにしない

ライバルというのは本人同士の気持ちで成立するもの。

親の考え、気持ちは関係ありません。

親同士が勝手に子供同士をライバルにしてしまうと、ヒートアップする事もあります。

そうなると子供同士の関係も崩れてしまう恐れがあるので避けましょう。

 

人間関係はちょっとした事、思いもよらぬ事でトラブルになってしまうケースもあります。特に女性同士はグループになったり、根に持ったりトラブルが大きくなったり、尾を引いたりと最悪なことになることもあります。

上記の事を念頭において、うまいお付き合いをしてトラブルを避けたいですね。

 

 

ママ友のトラブル事例

では、実際にどんなトラブルがあるのでしょうか。

ちょっと怖いようですが、実際に上記にならって例を挙げてみます。

 

1.ママ友が家に遊びに来た時、家のインテリアや食器などを根掘り葉掘り聞かれ、夫婦関係までしつこく聞かれ嫌な思いをした。結局その事がきっかけでお付き合いをやめた。

 

2.子供には「自分のことは自分でするように」と教えている。それを横からママ友が「ちょっと厳しすぎない? 可哀想」と毎回のように言ってきた。最初は笑って流していたが、次第にうるさく感じてきた。今までの育児法まで否定されているように感じてしまい、段々腹が立ってきた。結局言い争いにまで発展し、そのママ友とは絶縁状態になった。

 

3.時々ランチに行くママ友がいます。支払いはいつも割り勘にしているのですが、その日は臨時収入があったからと初めておごってもらった。今まではずっと割り勘にしていたという事もあり、自分がおごりかえす事をすっかり忘れていた。それを、ママ友は根に持っていたらしく、結局、『あの人はケチ』というレッテルを貼られてしまった。

 

4.ママ友とAさんについてのうわさ話をしていた。ついつい調子にのってしまい、茶化したりして少し悪口も入ってしまった。その事がAさんの耳に入りAさんは激怒。結局Aさんとは険悪なムードになってしまった。

 

5.子供同士が同じサッカーチームに所属しているママ友との話。子供同士の実力はA君、B君ともさほど変わらず。子供同士は仲が良い。親同士がライバル心に火がついてしまい、レギュラー争いでA君は外されB君はレギュラーになったことで親同士が険悪に。最後には親が子供に「あの子とは仲良くしないように」と言ってしまい、子供同士もトラブルに巻き込まれる形に。

 

色んな形のトラブルがあるようですね。トラブルは時に子供も巻き込まれる事もあります。子供にまで嫌な思いはさせたくないものですよね。保育園や幼稚園、学校が同じママ友は子供が卒園、卒業するまで関係は続くのでトラブルは絶対に避けたいですね。

 

 

ママ友の付き合い方で悩んでいる人は多い?

実際に付き合い方に悩んでいる方は多いのでしょうか?

調べてみると皆さんママ友とうまく付き合っていけるように悩んでいる方が多いようです。

最近ではSNSを使っている方も増えているので、そういったところにも気を遣うことが多いようです。

LINEなどを活用している方も多いのでママ友同士でグループLINEをしている人も多い用です。

私の周りにもSNSなどは興味がなくしていなかった人も出産をきっかけにSNSを始めた人がいました。

話を聞いていると、「SNSをしていないと話題に入っていけず、ママ友ができない。興味はないけど、せざるを得ない状況になった。」と言っていました。

 

いかがでしたか? 人と人との付き合い方は難しいものですね。

ママ友は最初のつながりはわが子です。わが子のおかげで新しい友達ができるのです。

ママ友同士、お互いを尊重し支え合って末長い付き合いをしたいものですね。

みなさんの今後のご参考になれれば幸いです。